コレナンデ商会のターキー!元劇団四季で大学教授と経歴がすごかった

突然の登場に驚きを隠せなかった方も多いはず、コレナンデ商会のターキーさん。

実は中の人、元劇団四季で大学教授と、
経歴がすごい方なんですよ!

詳しくご紹介していきます。

ターキーさんって何者?

突如現れたターキーさん。

まずは何者か・・・について。

コレナンデ商会にやってくるヘモグロ便(宅配便のことです)の配達員さん。

陽気でブラジルの楽器の演奏が得意で、
ハンコをもらうことを生きがいにしています。

初登場の日は、ハンコ作りに夢中になっていたジェイさんたちから、
ハンコではなく「あんこ」をもらう事態に。

これからも注目の登場人物ですね。

中の人、北村岳子さんとは

北村岳子(きたむら たかこ)さんと読みます。

素顔はこんな方です。

kkd

1960年6月11日生まれの56歳だそうですが、
もっと若く見えませんか。

父は演出家で母は女優という芸能一家に生まれ、
劇団四季に入団したあと、
青年座、東京乾電池と劇団を経験しました。

劇団四季時代には、
「キャッツ」や「コーラスライン」に出演。




現在の経歴もすごい!

彼女は舞台女優の中でも、かなりの実力派。

こちらは小倉久寛さんとの共演シーン、左側が北村さんです。

dd

2016年は、川平慈英が、役者仲間を集め、オリジナルの芝居やミュージカルを上演するために立ち上げた劇団である、
「東京演者兄弟会」の「守ってあげたい」にも出演。

原作は以前お亡くなりになった今井雅之さんの原作。

実は大学の先生だった

2011年から大阪芸術大学舞台芸術学科准教授として勤務しています。

ミュージカルコースで、
生徒たちに教えているんだとか。

Eテレの出演者さんたちは、
調べれば調べるほど、すごい方ばかりですよね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ