小さなこどもにスキーで止まり方はどうやって?3歳からわかる教え方

スキーのはじめる年齢は、

脚力が安定する3.4歳からできると言われています。

小さなこどもにスキーで止まり方を教えるのは至難の業。

わたしがインストラクターをしていたときに、

「止まり方を教えてやってください」と来る親御さんが多かったですね。

大人と楽しく滑るには、

止まることができないと、こちらがはらはらしますよね。

小さなこどもにスキーで止まり方はどうやって?3歳からわかる教え方をまとめてみましたよ。

スキー教室でも、まずは用具の説明の仕方のあとに、

歩いてみて→少し滑ってみて→止まる

これは大人もこどもも同じパターンです。

無題

スキーで止まるってどういうこと?

大人に教える場合は、

スキー板の内側のエッヂを利かせて止まりますと話します。

エッヂを利かせるにあたって膝の使い方を教えたりし、

徐々にできるようになります。

しかし、こどもにエッヂだの、膝だのいっても、

なかなか上達しません。

こどもに教えるときにはゲーム感覚で

スキーをする際は、

簡単なストレッチ的な体操をしていましたが、

その後スキーを履く前に、足でじゃんけんをしました。
これ、大人も結構あったまるんですよ。




グーは、足を閉じる

チョキは、内また(止まる姿勢です)

パーは足を開く(滑る姿勢)

盛り上がってきたところで、

スキーを履き、スキーでじゃんけんをします。

いざ、ゲレンデで止まる練習は?

スキーでじゃんけんをしたことを思い出し、

止まるときは、チョキだよ~!とさっきの姿勢を思い出してもらいます。

止まれたことができたら、

滑って止まるの練習なのですが、

無題

わたしは「だるまさんがころんだ」で止まるようにしてもらっていました。

はじめは、スキーのトップを押さえて、

こうやって止まるんだよと教えながら、

徐々に手を離していくという流れです。

覚えが早い子だと、30分ほどで、

長くても1日あれば、止まれる子がほとんどでした。

ただし、一度だけ、姪っ子に教えたときは、

親戚だから甘えてしまい、

終始号泣、抱っこと普段と異なる疲労感があった苦い思い出が~。

個人的は、はじめては半日だけでもスクールに入れるのがおすすめかな。

☆こちらの記事も人気です☆

こどものスキー、寒さ対策はこれ!小物の選び方が重要だった

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ