添い乳の上手な離し方!泣かない起きないコツはタイミングが重要

添い乳は、
赤ちゃんの寝かしつけが大変なママにとっては、
かなり助かるツールですよね。

しかし、いくつか難点があり、
その中でも上手な離し方に悩んでいる方も多いですよね。

ここでは、
泣かない起きないコツはタイミングが重要であること、
上手な離し方について紹介していきます。

なぜ添い乳を離すと起きるのか

赤ちゃんがなぜ添い乳を離すと起きるのか。

実は赤ちゃんのぐっすり寝ている時間は、
40分から1時間程度と言われています。

眠りの浅い時に、
添い乳を離すと、
「まだ飲んでるよ~!」と起きるのだそうです。




方法は添い乳を辞めるしかない?

添い乳を離すと泣く場合の解消法は、
ないと思っていました。

何を見ても、
具体的な方法は載っておらず、
結局は添い乳を辞めるしかないとの結論に達したことも。

しかし、方法はあるはずだと、
いくつかの方法を試してみました。

離しても泣かない添い乳方法

わたしなりに、
代替方法や、寝る前に気を付けることなど、
試してみたことを紹介します。

おしゃぶりを使う

おしゃぶりって、
出っ歯になるのではと心配だったのですが、
義理の母が、これはおすすめだよと言われたおしゃぶり。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

添い乳をしながら、
後半戦に差し掛かったころに、
おしゃぶりをパクっ。

これは結構効果がありましたが、
ヌークに出会ったのは、
添い乳をやめるちょっと前のこと・・・

早く気が付けばよかったと後悔。

寝る前にお腹いっぱいに

我が家は混合だったのですが、
添い乳の前に、粉ミルクをあげていました。

そうすると、
添い乳でお腹いっぱいにならなくても、
自然とおっぱいから、離してくれました。

他にもこんな方法も!

実際に試したことはないのですが、

・赤ちゃんの鼻の穴を指で軽く抑える→口を開けるので、その時に離す。

・吸っている口の脇から、指を入れて、離すとタイミングによっては、自然と離す。

こんな方法もあるようです。

添い乳で寝たと思ったら、
離した途端起きたなんてことは、しょっちゅうですよね。

どれかの方法が役に立つとうれしいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ