ピタゴラ暗号棒、お父さんスイッチ応募方法!出演する方法はあるの?

ピタゴラスイッチを見て、ふと疑問に思うことがあります。

ピタゴラ暗号棒やお父さんスイッチなど、
応募方法ってあるのでしょうか?

出演する方法はあるのかな~と思い、まとめてみました。

NHKのホームページには?

基本的に、おかあさんといっしょの出演以外、
公募の方法は掲載がありません。

公募の方法の記載がないものは、
「ロケ場所の制約や演出の都合上、一般公募はしておりません。」とのスタンスのようですね。

それも芸能人の親子だったりと、
一般人のわたしたちには、縁遠いお話し。

が・・・一般公募で出演したと言う話も!

可能性は低いけれどこんな方法がある!

おかあさんといっしょは、NHKプレミアム会員になっていることが、
応募の前提のようです。

ということで、NHKの公募に際しては、
プレミアム会員登録は必須!

登録費用は必要ありませんが、
受信料の支払いは大前提ですよ~。




応募は往復はがきがおすすめ

何か問合せしたときに返事が来る確率が高い場合は、
往復はがきだと言われています。

企業などに問合せした際も、
お客様問合せ窓口が丁寧なところだと、
往復はがきの場合でも必ず返信するようです。

NHKはしっかりしている会社ですので、
もし応募できる場合、枠がある場合、
往復はがきで返答してくれるはず!

と思っています。

NHKはプロ志向だとすれば?

実績のある劇団に所属する手もありますが、
NHKは狭き門です。

テアトルアカデミーという子役所属で有名な事務所の
オーディションを受けてみるのもおすすめですよ。

小さい頃はかわいさももちろんですが、
親が気づかない良いところを発掘してもらえることも多いので、
一度記念に受けてみるのもいいかもしれませんね。

やっぱり電話問合せが一番?

地方に住んでいる人で、
NHKの地方局に問い合わせたら、
応募できたなんて話も聞いたことがあります。

電話で空きがないか、具体的にどうしたらいいか、
直接電話してみるのも、
方法でしょう。

連絡は、往復はがきや電話、
今後も子役としてデビューを検討するなら、劇団に所属することがおすすめです。

自分のこどもが、
NHKに出演できたら、
一生の思い出になるはずですよね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ