乳児湿疹は母乳が原因は都市伝説!保湿ステロイドとの上手な付合い方

乳児湿疹は母乳が原因との所説ありますが、
実は都市伝説なんじゃないかと言われています。

また保湿が大事!
ステロイドは怖い!とか、
思われる方も多いですよね。

ここでは乳児湿疹との上手な付合い方をご案内します。

乳児湿疹が突然出始めた!

1カ月過ぎたくらいだったかと思いますが、
乳児湿疹がポツポツとではじめました。

生まれた直後は、
つるっとしたきれいなお肌だったのに、
何がいけないの?と思い、

しばらくは同じ月齢の赤ちゃんが、
お肌がきれいだと、
母親であるわたしがいけないのかなと責めてしまったことも。

ネットで検索するとあんなことやこんなことが

乳児湿疹で検索をし、
いろいろな情報を見ました。

母親の食事が悪い説

甘いものや脂っこいものを食べているから、
こどもが母乳を通して、
湿疹を引き起こしている。

ってなことで、
体にいい根菜を多く取りましょうなんて書いてあるページが結構ありました。

ボディシャンプーが合わない説

赤ちゃん用のボディシャンプーって、
たくさんの種類がありますよね。

それが合ってないと書かれているサイトもたくさんありました。

お肌のことだし、
今のボディシャンプーが合わないと思い、
別のものを次から次へと購入しました。

一時期、我が家では大人も、
こどものシャンプーで体を洗っていたほど、
たくさんの種類のものを試してみました。

実際にどうだったのか

食事も甘いものは避け、
根菜を多く使った料理を食べていました。

ボディシャンプーもいろんなものを使いました。

が、効果は感じられませんでした。

我が家では、
これ以降ベビーシャンプーは使わず、
大人と一緒のもので洗っています。




そもそも乳児湿疹の原因は?

産後すぐ始まる授乳。

こちらでお母さんのおっぱいから出る、
女性ホルモンの影響で、
皮脂が毛穴に詰まってしまうことも!

確かに乳児湿疹で悩んでいたころの写真を見ると、
皮脂の分泌が盛んでした。

この女性ホルモンというものは、
食生活云々というよりも、
持って生まれた体質なので、
影響を受ける子は乳児湿疹が出る、

そうでない子は出ないと言うパターンが多いようです。

1歳までに完治した我が家の対処法

お医者さんからは、
「乳児湿疹は、1歳までにはほとんど治るから、お母さんあんまり心配しないで」
と言われましたが、
内心不安でした。

これは乳児湿疹なのか、
アトピーなのか、それ以外の皮膚トラブルなのか、
この時期は不安でした。

保湿は乾燥したときだけ

保湿剤は、冬場など乾燥した時は、
まめに塗っていました。

1

湿疹が乾燥すると、
かゆみが出てくるこどももいるそうですよ。

あえて食事に制限はしない

何をしたら女性ホルモンにいいのか、
乳児湿疹を防止するために食べものなど、
正直言って、ネットでの情報は参考になりませんでした。

揚げ物も食べていたし、
甘いものも食べていたこともありましたが、

止めたからと言って、
湿疹に変化はありませんでした。

洗うのは3個で100円の石鹸

看護師をしている、わたしの母親が、
「昔は3個で100円くらいの石鹸をよく泡立てて、泡を置き、やさしくお湯で洗うが鉄則だったよ」
と言っていました。

ベビーシャンプーは意外と高かったのと、
3個で100円石鹸を使っても、
湿疹は変わらなかったので、継続しました。

日中はガーゼのみ

濡れたガーゼで、
優しく拭いてあげましょう。

皮脂をふき取るイメージで、
湿疹から出血しないように気を付けてくださいね。

ステロイドは最終手段

湿疹をかきむしってしまうと、
治りが遅くなるのが怖いですよね。

湿疹に書いた後があった場合は、
ステロイドを使っていました。

また、通常の湿疹であれば、
ステロイドではない、アズノールを使っていましたが、
効果がありました。

通常はアズノール、
かきむしったらステロイドを使っていました。

乳児湿疹はいつかは治る子がほとんど

乳児湿疹は本当に痛々しいですよね。

ステロイドを渡された時に不安になっていたからか、
お医者さんから、
「まずは湿疹を治すよりも、かゆがっていたら、かゆみを解消することが大事」
と言われました。

ステロイドを使用することは、
賛否両論ありますが、
上手に薬とも付き合っていきたいですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ