寝んねトレーニングは昼寝が成功のコツ!泣かせないおすすめ方法とは

寝んねトレーニングって、難しいですよね。
やってみてわかったことは、昼寝が成功のコツということ。

また泣かせないことも、重要です。

泣かせないおすすめ方法も紹介します。

断乳より大変だった寝んねトレーニング

我が子は、寝つきが悪く、
義理の母から、よく「寝るのに苦労する子ね~」と言われていました。

眠くなって、寝るまでに最低でも30分はかかっていた気がします。

断乳は数日間大変だっただけでしたが、
寝んねトレーニングは、
あれもだめ、これもだめと心折れる日が続きました。

添い乳以外で寝なかった息子

出産時、病院で教えてもらった添い乳。

それからは、おっぱいを飲みながらじゃないと寝ないことが多かった気がします。

たま~に、主人が抱っこして、
奇跡的に寝るくらいでした。

生後半年くらいから、
だんだんと添い乳の際、
腕は痛くなるし、いちいち寝っ転がるのもしんどいしと、
辞め時かと思い、寝んねトレーニングをはじめました。




寝んねトレーニングで大事なこと

寝んねトレーニングで大事なこと、
それはお母さんがストレスにならないこと。

これが一番だと思います。

わたしは、どちらかというとあきらめが早いタイプで、
この方法でだめだったら、別の方法にしようと、
1つの方法に固執しませんでした。

「育児は頑張り過ぎないこと」

辛いなと思うときは、
大抵頑張り過ぎていることが多い気がしませんか?

昼寝からはじめることが大事

夜の寝かしつけから、
一気に変えるよりも、
昼寝からステップアップすることがおすすめです。

夜の寝かしつけは、
寝るまでの時間や赤ちゃんが泣きすぎると、
周りのことを気にしがちになります。

寝かしつけは、
親も体力と気力がいるので、
まずは昼寝からと気軽な気持ちでやってみてはいかがでしょうか?

泣かせないで寝んねさせること

泣かせないで寝んねさせること、
とっても難易度が高いと、今でも思います。

かなりの種類の方法を試してきましたが、
その中でもあまり泣かなかったなと思ったものを紹介していきますね。

tenuki1

毎日決まった時間に寝んねする

これは、簡単そうで、
とても難しいことですよね。

よく保育園では、
1カ月も経てば、
お昼寝の寝つきがよくなると言われています。

これは毎日決まった時間に寝んねする、
習慣がこどもに身につくためです。

我が家は、
決まった時間以外に寝んねする場合、
今でも、ぐずぐずしながら寝落ちします。

習慣の力は偉大です。

寝る前の遊びは、横になってごろん

寝る前に遊んでから、
寝んねするという方も多いでしょう。

お座りができる子や立てる子の場合は、
寝んねしてできる遊びを、
睡眠導入前に取り入れましょう。

お布団にごろんとしていると、
大人も眠くなりますが、
こどももその心理で、おやすみに導きます。

寝るまには入眠儀式を

寝る前に入眠儀式をすることは、
成功率が高くなるポイントです。

例えば、お部屋を暗くする、
カーテンを閉める、歌を歌う、決まった本を読む、
こどもの落ち着く環境を整える方法がおすすめです。




我が家の場合は、
お布団にゴロンとして、
シーツをすりすりして、いまだに寝ます。

これは寝んねトレーニングの時期からで、
彼の入眠儀式なんだろうなと思っています。

寝んねトレーニングで大事なこと

寝んねトレーニングで大事なことは、
前述の通り、親がストレスを感じすぎない方法を行うこと。

また寝んねの環境をちゃんと整えてあげること。

これが大事なことだと思います。

わたしも寝んねトレーニングの時期は、
できるだけ、決まった時間でご飯、お風呂、遊び、睡眠を行うように心がけていました。

まずは決まった時間に、
日々を送ることが大事です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ