小さなこどもにスキーで曲がり方はどうやって?3歳からわかる教え方

こどものころって、

直滑降でゲレンデを滑っていいよと、

終わり間際のスキー場で父に言われる瞬間が待ち遠しかったわたしです。

曲がるとスピードが落ちてしまうのが嫌だったこども時代・・・

小さなこどもにスキーで曲がり方はどうやって?3歳からわかる教え方について、

まとめてみました。

スキーの醍醐味は、

スピード感を楽しむことですが、

ただただ、曲がることもせず、滑っていると危険です。

見ている方も冷や冷やする経験はありませんか?

無題

曲がるということ

大人に教える際は、

左に曲がりたい場合は、

右の板を少し前に出せば曲がります。

今は、カービングスキーなので、重心を少しだけ移動させれば、




すぐに曲がってくれます。

重心をこう移動して、

膝をいれて曲がるんだよ~と説明して納得してくれるのは、

小学校3.4年生あたりからだと思います。

こどもに教える方法は簡単

行きたい方向を向く

ただ、これだけです。

自転車と一緒ですよね。

もし、自転車に乗れる子であれば、

教え方と、自転車と一緒の要領で教えるといいと思います。

目線を遠くに持っていき、行きたい方向に目線を合わせる。

無題

スキーも一緒です。

曲がるときに注意したいポイント

ストックを持っているお子さんに、

特に注意してほしいのが、

ストックを持つ手がお人形さんのように固くなっていないかです。

脇の下にたまご1個分のスペースを作り、

肩の力を抜いて滑ってみてください。

無題

こどもに教えるときに大事なこと

どうしても、エッヂの使い方や、

姿勢が気になったりしますが、

はじめのころは、「曲がれた」、「止まれた」を大事にすると、

親子で楽しくスキーができますよ。

☆こちらの記事も人気です☆

小さなこどもにスキーで止まり方はどうやって?3歳からわかる教え方

こどものスキー、寒さ対策はこれ!小物の選び方が重要だった

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ