仮面ライダー風魔なぜ堂珍?エグゼイド不人気でイケメン起用で挽回か

仮面ライダー風魔がいよいよ夏の映画で登場します。

それも、な、なななんと「堂珍嘉邦」です。

ASAYANでデビューし、一躍有名となった「CHEMISTRY」のひとり。

え?なんで堂珍?と驚いたママやパパは多いはず。

エグゼイドは以前から不人気だからか、

今回はキャストも豪華! イケメン起用で挽回なのでしょうか?

起用の理由を探ってみました。

堂珍嘉邦って?

読み方は「どうちん よしくに」

変わった苗字ですが、広島県出身のアーティストです。

2000年のオーディション番組「ASAYAN」で川畑要とデビューしました。

hh

続々とオリコン1位を獲得し、ヒット曲をリリースしましたが、

2012年に活動休止。

その後 2017年2月28日にライブで活動を再開。

カラオケに行くと、必ず誰かがCHEMISTRYを歌う、そんなアーティスト。

歌はもちろんのこと、

イケメンである堂珍嘉邦の人気は今だに健在の様子。

最近の堂珍の活動は?

2012年の活動休止のあとは、

2014年ころまでは、アーティストとしてソロで活動をしていました。

その後、映画「醒めながら見る夢」(2014/5)で初主演。

俳優やってたんだと思いがちですが、

2009年に玉木宏と映画「真夏のオリオン」に出演しています。




意外と俳優歴は長いようです。

その後も何本かの映画にも出演していますが、

彼のすごいところは、舞台にも出演しているところ!

2014年12月から2015年1月には宮本亜門演出のミュージカル「ヴェローナの二紳士」、

2015年9月から10月には 「RENT」に出演しています。

kj

CHEMISTRY時代とは、印象が全然違いますよね。

昔は柏原崇と似ていたイメージが、

最近は山本耕史っぽいと思うのはわたしだけ?

仮面ライダー風魔って何者?

今回堂珍が演じるのは、

「仮面ライダー風魔」(ふうま)

daa

ゲーマドライバーとハリケーンニンジャガシャットを使って、変身した悪の戦士との設定。

風魔小太郎を起源とし、北条氏に仕えた相模・足柄を拠点に活動していた忍者集団・風魔から取ったんだとか。

忍者というより、歌舞伎っぽい気がしませんか?

堂珍が仮面ライダー風魔に起用された理由!

我が家でも夫婦の間で「え?なんで堂珍なの?」と話になりました。

確かに、堂珍より・・・天才てれびくんで、じわじわと子どもたちの人気が上昇中の、

西川貴教のほうがいいんじゃないかと個人的には思うのですが。




やっぱりイケメン枠重視?

堂珍は、確かにイケメンですよね。

女性の今もファンの方が多いはず!

ということで、今回はママ世代は「なつかし~!!」堂珍を起用したのかもしれません。

もう一つは、

エグゼイド不人気に歯止めを!

今回、人気がない理由として、

前作が不評でファン離れ・・・

仮面ライダーっぽくない

これ、圧倒的に不人気の原因なんだとか。

ヒーローたちは、確かにイケメン。

だけど、ゲームの世界でっていうところがわかりにくい。

しかし、今さらストーリーを変えるわけにはいかないですよね。

去年再始動したCHEMISTRYの活動も影響している可能性も!/Strong>

CHEMISTRY世代で、去年再始動した認知度が高くないようで、

その宣伝もかねて、今回出演したのでは?とも言われています。

が、エグゼイド不人気といっても、

うちの保育園では、かなり人気!

風魔も間違いなく、人気が出るはずです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ