児童館に絶対行きたくないと思っていた私が行ってよかった本当の理由

児童館や公園デビュー、
できれば避けたい、いや絶対行きたくないと思っていた私。

こどものためと思い行ってみたのですが、
意外とよかった本当の理由についてお話ししたいと思います。

児童館は行っても行かなくても問題ない

正直、児童館って、
行っても行かなくても問題はありません。

行かないからといってコミュニケーション能力が欠乏するとか、
そういったことはないと思われます。

私自身、児童館に行くことは、
生後数カ月は選択肢にありませんでした。

育児に必要な情報はネットでも調べられるし、
行っても気を遣うだけなら面倒だと感じていたのです。

児童館に行ったきっかけ

6カ月検診のときの面談の際の方から、
「児童館とか行ってますか?」と聞かれ、いいえと答えたところ、

「行ってみて合わなければすぐ帰ればいいから、行ってみたらどう?」と言われました。

ここで、児童館の良さを力説されたら、
わたしは行くことはなかったでしょう。

おそらく、産後あまり出かけないと話していたので、
そんなアドバイスをされたのでしょう。

児童館に行ってみた

かる~い気持ちで、行ってみました。

児童館には、他の親子とのコミュニケーションの場でクラスがあったりするのですが、
あえてフリーでプレイルームなどで遊んでみました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

家にはないおもちゃがあったり、
育児雑誌や、中にはマンガも!
親子ともども目新しいもので、有意義に過ごしました。

児童館もいくつかあり、
それぞれ職員さんの雰囲気や親子連れの雰囲気も様々でした。

ほんの徒歩15分くらいしか変わらない距離にある児童館なのに、
ママの雰囲気も児童館によって変わっていました。

児童館のデメリット

親子クラス的なものに参加したのですが、
みんなで輪になって、歌を歌ったりするのは、
苦手だったので、苦痛でした。

またすでにグループが出来上がっている親子クラスは面倒だったので、
雰囲気を見て、すぐに退散することもありました。

親子クラスも児童館によっては、
月齢に合わせてプログラムが変わっていて、
運動をさせるところ、歌を歌うところ、ゲームをするところ、
児童館によって様々ですので、
自分に合ったものを選ぶことをおすすめします。




ごく稀にモンスター的な親や、
聞いてもいないのに我が子の話をずっとする親もいましたが、
これから長く続くであろう、親社会での対応トレーニングだと思い、
ストレスにならない程度に話を聞いていました。

児童館に行って良かったこと

ほとんどの親は、対外的なコミュニケーションが出来る人が多いなと感じました。

たまにグループが出来上がっていて、入りにくいなと思いましたが、
児童館の先生は、そういったときフォローしてくれることも!

育児情報については、ネットで確認できるかと思ったのですが、
・○○医院はロタ接種が安い
・風邪が長引いたら▲▲病院に行くと強い薬が出る
など、上の子がいるお母さんから、教えてもらい助かりましたよ。

また保育園や幼稚園情報も同様です。
・○○園は先着順ではなく、認可の発表後に入園が決定するなど、
保活をしていた私には有益な情報が得られました。

そして児童館に行って一番よかったことは、
こどもがよく寝てくれるようになりました。

月齢的なこともあったのかもしれませんが、
よく遊んだ日って、ぐっすり寝てくれませんか?

煩わしくならないようにする、児童館へ行く時期

と言っても、面倒なのが児童館。
遊ばせたいけど、親同士のコミュニケーションが面倒だなと言う方へ・・・

寝んねの時期などは、お母さん同士のおしゃべりがメインになりがちです。

無題

つかまり立ちやはいはいなど、
動けるようになってからのほうが、
こどもが遊ぶことがメインになります。

そうなると親同士よりも、こどもから目が離せなくなり、
ぶつかりそうになった時も「すみませ~ん」とあいさつ程度になります。

親同士のコミュニケーションが面倒な人は、
動くようになってからの児童館デビューがおすすめです。

児童館は無料で、雨でも遊べる、こどもにとって安全な場所です。
ぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ