イヤイヤ期イライラしない!効果あり接し方怒り方保育士に聞いてみた

イヤイヤ期にイライラしないことってできるんでしょうか。

効果あり接し方怒り方を保育士の先生に聞いてみました。

怒らないといっても注意しないわけでない、
独自のポイントがあるようです。

イヤイヤ期にイライラしない人の特徴とは

怒らない接し方の前に、イライラしない人の特徴を調べてみました。

怒りのコントロールができる

仕事などで怒りのコントロールはできるのに(ストレスの元になりますが・・・)、
こどもに対して怒りのコントロールができないなんてと、
思いがちですが、普通です!

イヤイヤ期にイライラしないお母さんに聞いた際、
こどもに対して怒りのコントロールしてますって言われた瞬間、
神業だなと感じました。

こどもは言うことを聞かないと認識する

確かに言うことは聞きませんよね。

しかし、こちらも予定があり、
それに合わせて行動しているときは、
イライラしてしまうことも。

前もって行動しても、
予想以上に時間がかかったり、うまくいかないことが多いですよね。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

これで泣き止む!と方法を持ち合わせている場合

イヤイヤ期もこの絵本があれば、
このおもちゃがあれば、泣き止むなど秘策がある場合は、
イライラしないかもしれません。

しかし、一筋縄ではいかないのが、
イヤイヤ期。

ということで、怒らない接し方を保育士の先生に聞いてみたので紹介していきますね。

イヤイヤには理由がある

イヤイヤ期とは、
何でもイヤイヤと思われがちですが、
実は理由があり、反抗しているんだとか。

我が家では、
朝ごはんを食べたくないとイヤイヤの時に、
納豆を差し出すと泣き止んだり・・・

自分の要求がうまく伝えられない場合も多いので、
まずは理由を見つけてあげることが大事です。

まだこの時期は、
相手に自分の要望をしっかりと伝えるには時期尚早。

大人がまずは何をしてほしいか探ってあげてみましょう。

イヤイヤが収まったら、褒め尽くす

イヤイヤが収まった時って、
「やっと泣き止んだ~」と自分の感情も落ち着きますよね。

しかし、ここがこどもを褒めるチャンス。




感情のコントロールが出来てえらい!と褒めてあげてみてください。

小さい頃は褒めて伸ばすことが一番です。

怒り方のポイント

どうしても注意しなければいけないことは、
1日に何回もありますよね。

例えば、お友達に嫌なことをしたり、
危ないことをしたりするとき、

短く、ぶれずに伝えましょう。

今日は火のついたコンロのダイヤルを回そうとしていたので、
「コンロは熱いからだめ」と一言いいました。

以前だと「前も言ったでしょ」とか「何回言ったらわかるの」と言ってましたが、
だらだらと怒っても、こどもも大人も後味は悪くありません。

「ママだって本当は怒りたくないんだよ」なんてことも言っていたことも・・・反省

イライラしてしまう時に思い出したいこと

こどもが甘えてくるのって、
大体12歳くらいまでです。

と考えると、
あと10年くらいしかないんですよね。

そう考えると、
ちょっと怒り方や接し方を変えて、
できるだけイライラしないほうが、
得なように感じませんか。

わたしも毎日仕事でイライラ、家でイライラしがちですが、
今を大事にすることは忘れていけないなと、つくづく感じます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ