シャキーンイラストレーター犬ん子!大阪出身の挿絵師で絵本出版も

「おはようさ~ん」で始まるシャキーンのオープニング、

イラストが独特で誰が書いているのか気になる人も多いはず。

大阪出身の挿絵師「犬ん子」さん。

わたしもシャキーンを見るまで知らなったイラストレーターさんですが、

絵本を出版したりしているようですよ。

イラストが最高!

はじめて見たときは、このイラストは一度見たら忘れられないインパクトでした。

特にモモエちゃんがツボです。

今回のめいちゃんモモエちゃんシリーズからではなく、

前回も犬ん子さんが描いていた様子。

犬んこさんってどんな人?

東大阪出身で、杉並区在住の女性です。

ちなみに西荻窪に住んでいるんだとか。

京都嵯峨美術短期大学を卒業しています。

イラストレーターの方もたくさん卒業していますが、

お笑い芸人のダイアンの西澤裕介さんも卒業生です。

誰?と思った方、一度は見たことありませんか?

無題

得意なジャンルは浮世絵や大津絵、引札などです。

大津絵?引札?

大津絵とは、名前の通り滋賀県大津市で流行った江戸時代初期の絵画。

こんな絵です。

無題

引札とは、江戸、明治、大正時代においての、いわゆる広告です。

無題

こういった絵画を現代にあわせて描きたいとの思いがあるようです。




シャキーンでは、オープニングをはじめ、

小道具や装置なども担当しているそうですよ。

絵本も出版!

「おかめ列車」シリーズ

 

「おちゃわんかぞく」

この絵本は、3歳から4歳児には大うけすることが多いです。

まず、イラストが面白い。

「うれないやきそばパン」

こちらの挿絵を描いているのが、犬ん子さん。

イラストのタッチで、

こどもも「シャキーンの絵だ!」と気づくほどです。

一押しはこちらなんです。

シャキーンでもおなじみの倉本 美津留さん(放送作家)が、

原作で挿絵が犬ん子さん。

この本だけ「いぬんこ」とひらがな表記なのはなぜなんだろう・・・

物語としては、猫の「たまたま」がたまたまおばあさんのところへやってきてというお話。

お話としても面白いのですが、

何しろテンポがいいんです。

親も読むのが楽しくなっちゃう!

来年のカレンダーとか販売していないかなと思うほど、

こどもと本にどっぷりはまっています。

☆こちらの記事も人気があります☆

シャキーンテレコラップ面白い!MCは双子の上鈴木兄弟プロフまとめ

シャキーンこころねナカコーとフルカワミキとは?以前は人気バンド!

シャキーンのモモエこと松田杏咲は超演技派でかわいい子役時代画像も

ザぶどうかんズのメンバープロフ一覧まとめ!ライブやCD発売情報も

シャキーンめいちゃん歌下手だけどダンスは一流!過去出演歴がすごい

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ