保育園第一子コネなし入園できた!認可0歳児で入れた私がやったこと

保育園は近年入園が大変だと、
度々ニュースになるほどになってきましたね。

わたしの場合、第一子でコネなしで入園できました。
認可の保育園の0歳児で入れた私がやったことを、
備忘録的な意味合いも込めて書いてみました。

都内でも激戦区、出遅れた保活スタート

居住しているエリアは、
都内の待機児童トップを争う激戦区。

第一子はなかなか入りづらい状況の中、
夏の終わりまで、復職するかどうか迷っていました。

何とかなるかなと思って9月に始めた保活、
こんなに大変だとは、正直なめていました・・・

区役所に行ってわかったこと、あれこれ

9月に保活のスタートをするにあたり、
まずは区役所へ行きました。

保育課の担当者の方に「今からですか。遅いスタートですね。大体春からみなさんやってますよ」とのこと。

1年どこかに預けて、認可園に決まるかどうかという感じだと言われました。

次に保育課で具体的に聞いてよかったことを紹介します。

利用できる保育サービスについて

認可保育園をはじめ、認証保育所、認可外保育所、
3歳までの保育室、保育ママなどのサービスの案内をしていただきました。

それぞれの申し込み方法についても、
ガイドブックのみだとわかりづらい点、




例えば、
保育室はほとんどが3歳児クラスまでだったため、
それ以降の保育はどうなるのかなど、自治体の施策についても詳しく教えてくれました。

人気の園や倍率の低いねらい目情報も!

区の境目の園はねらい目ですと言われました。

受け入れ人数が多いから、ここはどうですか?と聞いた園は、
みなさん同じこと考えるから、
ここは倍率が高いです、恐らく無理ですとのこと。

ただし、注意したいのが、
保育課の担当者によっても、
ねらい目情報などは、それぞれ異なりますので、
何度か通い、いろんな方とお話しすることが得策。

いざ、施設に問合せしてわかったこと

出遅れた保活ということは重々承知だったのですが、
特に認証保育園は、「来年4月入園~」と言いかけたところ、
「来年はいっぱいです」とガチャ切りされたり、
「今から見学希望とか遅すぎます」とご指摘を受けたり・・・

実際に施設を見学しにいくと、
「今100名待ちです」とか、ざらにありました。

一杯と言われてもあきらめないことが大事

いくつかの施設では、先着順ではなかったり、
10月以降に入園希望を募集したり、
認可の結果が出てから募集しますというところも!

また満杯と言われても施設を回ったほうがいい理由としては、
園を選ぶ目が養われます。

中にはHPと全然違った施設もありました。

大事な我が子を入れる園ですので、
見学は非常に大事です。

認可保育園への申し込み時に気を付けたこと

認可保育園の申込書類を提出する際、
いくつか気を付けたことがあります。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

書類は窓口に持っていく

郵送でも受け付けられますが、
書類の不備で落ちてしまう人もいるとのことで、
事前に窓口で書類を提出し、チェックしてもらったほうがいいと、
役所の方に聞きました。

書類の記入方法には問題なかったのですが、
わたしの住んでいる自治体では、
子の祖父母が保育できないことを証明する書類が必要でした。

仕事をしている場合は、会社の情報や勤務時間、
遠方に住んでいる場合は祖父母の住所を記載。

そちらに不足点があり、
不備になる可能性があるとのことで、再提出の指摘をしてもらい、万事休す。

ちなみに隣接区に住む、
主人の父が自営業だが、自営業用の欄に書かなければいけない面に書いておらず、
危うく不備になるところでした。

書類は早めに持っていく

書類は早めに提出することで、
不備があった場合の対処ができます。

また窓口はかなり混雑するため、
朝いちで開所時間の30分前に到着していました。

不備に気づいたのは、締め切りの1週間前。
早めに提出することに越したことはありません。

最終的なわたしの保活結果

認可保育園の一次選考は残念な結果でした。

希望の認証のキャンセル待ちも空き、
近所の保育室も何とか入れることに!

どっちにしようかなと迷っていたところ、
二次で認可入園のお知らせが~!!

正直、認可入園は運やタイミングにお任せ的な要素が大きいですが、
まずは最低限、選考漏れしない保活をおすすめします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ