ヒップシートキャリアとエルゴ迷ったときは?比較口コミまとめ

最近、赤ちゃんが前向きで抱っこしている方、多くありませんか?

先月こどもが生まれた友達から、

「ヒップシートキャリアだよ!」と教えてもらいました。

息子が生まれたときは、エルゴ一択時代。

エルゴと迷ったときは?比較し、口コミをまとめてみました。

ヒップシートキャリアとは?

Baby&Meが発売している、抱っこ紐です。

抱っこひもにイスが付いているイメージ

2010年に海外で誕生し、

日本ではこの会社が2013年から販売スタート。

値段は大体20,000円くらいから。

ベビー用品としては、

毎日使うものだし、そんなに高いほうではないかな。

エルゴとは?

世界中、現在たくさん愛用者がいるエルゴ。

抱っこ紐の中でも、シェアNO.1です。

値段としては、デザインにもよりますが、

10,000円~の値段で購入できます。

エルゴとヒップシートキャリア、比較してみた

値段?使いやすさ?結構迷っている方、

多いですよね。

おんぶも抱っこも両方できるし・・・決め手がわからないという方は多いはず。

☆いつまで使えるの?☆

エルゴは20キロまで使えます。(ただしシリーズによって、18キロまでのものも!)

前抱っこは12.2キロまでとのこと。

2歳~3歳の間くらいまでは、前抱っこOKのようです。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

20キロとなると、

小学生近い・・・そこまではないか。

ヒップシートキャリアは、4~36カ月が対象で、

体重にすると20キロまで使えます。

エルゴと使える年齢は、

そんなに変わらないようですね。

☆洗濯のしやすさ☆

これ、正規の洗い方ではないのかもしれませんが、

エルゴはネットにいれて、

ドライコースにし、洗濯機でじゃぶじゃぶ洗っていました。

特にダメージはなかったかな。

実際に夏場など、

赤ちゃんも親も汗をかく・・・ので、洗濯しないと気になりました。




ヒップシートキャリアも、洗濯機で可です。

しかし、ヒップシートの中を取り出して、

ネットに入れて・・・日陰でつり干しして・・・

中を取り出す以外は、エルゴとあんまり変わらないかも!

ちなみに、こどもとの密着度はエルゴのほうが高いので、

夏場の抱っこにはヒップシートキャリアがおすすめです。

☆コンパクトさは断然エルゴ☆

小さく折りたためるのは、

やっぱりエルゴです。

ヒップシートキャリアは、このように、

こども用のリュックくらいの大きさが最小限でしょう。

荷物が多い時、こどもと二人で移動の時などは、

大変かもしれません。

大きく違うのは、体への負担

エルゴを使っていたとき、

赤ちゃんを腰の上に乗せて、

抱っこしているイメージでした。

なので、腰の負担があまりありません。

しかし、長時間抱っこしていると、

肩こりに悩むようになりました。

これは、旦那も同じで肩こりがしんどくなり、

そろそろ歩いてもらおっか・・・と2歳を機にエルゴは卒業しました。

ヒップシートキャリアは、

肩こりや腰痛の心配がないんだとか。

ちょうど赤ちゃんが乗る部分が、

ウエストポーチのようになっています。

昔、義母がこどもが小さい頃、

抱っこ紐の腰の部分にウエストポーチをつけて抱っこしたのよと話していた記憶があります。

日本人は肩こり体質なんて言われているので、

ただでさえ、体力勝負の子育て。

口コミまとめ

エルゴは、

装着に手こずらず、簡単に取り付けることができて使いやすい
肩がこるので、1歳以降は体に負担がかかる、長時間はきつい
値段は手頃だけど、夏場は密着するので、赤ちゃんはあせもが出来たり、親も汗だく

ヒップシートキャリアは、

肩がこらないので、小柄なわたしでも使いやすい
体の負担は少ないけれど、抱っこするまでに手こずる
腰ベルトがきつくて、試着してからにすればよかった

まとめ

子育て用品の選び方は、

人それぞれありますが、

わたしの場合は、何が一番ストレスになりそうかで決めます。

例えば、持ち歩きが面倒ならエルゴかな・・・

肩こりが普段からひどいからヒップシートキャリアかな・・・

自分の生活と照らし合わせて、

一番ストレスにならないものを選ぶのがポイントかな~とつくづく思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ