排卵検査薬とのびおりのずれ、排卵日を特定し妊娠率アップするには?

排卵検査薬を使っていて、気になること、、、

それは、自分が考えていた排卵のタイミングと異なるのではないかと考える方は多いのではないでしょうか?

よく排卵前はのびおりが出るので、その時がチャンス!

排卵後にのびおりが出るので、その前にチャンスを取るようにしている方と、

それぞれかと思いますが、

ここでは、排卵検査薬とのびおりのずれ、排卵日を特定し妊娠率アップするには?について、

調べてみたのでまとめていきます。

排卵検査薬とのびおりのずれの理由とは?

そもそも、自分の認識(のびおりのタイミング)が違う

排卵検査薬は、排卵前に増加するLH値を測定し、

排卵日を予想することができます。

のびおりは、子宮頚管粘液と言われるもの。

妊娠に結びやすくするタイミングの測り方としても、

妊活中の方は、よくご存知かと思います。

re

しかし、のびおりの有無、のびおりが発生するタイミングは、

あくまで目安。

婦人科に通った際も、排卵日前後に出ることが多いが、

出たから排卵した、出なかったから無排卵などと、

確定的なことは言えないそうで、

実際に内診してみないとわからないとのことでした。

LH値は、排卵前に上がる揺るがない数値のため、排卵検査薬>のびおり と考えた方が賢明かと。

のびおりは、排卵後?排卵前?

よく、のびおり出たから今夜がチャンスだ!

排卵痛が来たから、まもなくだ!など、自分のタイミングがあるかと思います。

実際に妊娠したときは、

のびおりが出た直後だった点、排卵痛がしんどかった時期にタイミングを取った記憶があります。

排卵検査薬と婦人科でのタイミング療法を進めていた際は、

のびおりは、排卵前から排卵後まで数日間出ることが多いということでした。

有無だけで、排卵したかどうかは判断はできず、

LH値や内診で卵の様子を見て確認するしかないそうです。




なので、通院ができない月は、

のびおりが出た時点で、1日おきにタイミングを取っていました。

精子の寿命を考えて、タイミングを取ることが大事!

パートナーとのタイミングを取ることが難しいので、

できるだけ確率の高い時を教えてほしいと婦人科にて相談したとき、

「新鮮な精子ほど、寿命が長いので、絶対取りたいタイミングの2.3日前に1回、その後タイミングを取る」

数日ずれてしまった時に「今回はうまくいかなかったかも、、、」と話したところ、

精子の寿命は3-4日だから、少々ずれたって気にすることはないよとのことでした。

相手がいることなので、あまりプレッシャーもかけたくなく、

私自身も「3-4日寿命があるなら、いつか当たるかな?」と楽観的に捉えるようにしていました。

排卵検査薬の上手な使い方

あくまで個人的な考えなのですが、

排卵検査薬だけだと、LH値のみの判断となるため、婦人科の受診もおすすめします。

ただ、タイミングが仕事の予定が入っていたりする場合は行けない場合も多々ありました。

そんなときは、前回はこのタイミングで排卵だったなとチェックをつけていれば、

受診できなくても、そんなに神経質になることはありませんでした。

無題

また、タイミング療法で妊娠を考えている場合は、

・曜日や時間帯で通いやすいところ

・質問をしやすい医師である

・人工授精の過度な押し付けがない

この3つのポイントで病院を選んでいました。

病院に行かなくちゃとマスト感があると億劫になるもの、、、少しでもストレスは少ない方がいいですよね。

☆こちらの記事も人気です☆

排卵検査薬は1周期で何本必要?妊娠確率をあげるため確実な使い方

排卵検査薬、朝陽性、夜陰性タイミング取り方!妊娠できる確率は?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ