産後の痔と脱肛の違いは似てる!便秘も続く時は何科を受診すべきか

産後の痔と脱肛の違いは似ていると言われています。

便秘も続くときは何科を受診すべきなのでしょうか?

産後、痔になりやすいのはなぜ?

原因はいくつかあると言われています。
その中でも代表的な例を紹介しましょう。

便秘

産後は授乳する方は便秘になりやすいと言われています。

母乳で水分を取られるため、
自分自身の水分が不足するのです。

また産後は腹筋が弱っていることで、
これも便秘になりやすいんだとか。

出産時のいきみが原因

出産時にいきんでしまい、
痔核となる場合は、結構多いです。

恐らく水分をちゃんと取っている場合でも、
出産時のいきみが原因で、痔になってしまう人は多いはず。

わたしの場合は、水分はしっかりと取っていたので、
出産時のいきみが影響していました。

脱肛と痔の違い

脱肛と痔は、よく似ていると言われています。

まずはそれぞれの症状を見てみましょう。




脱肛とは?

脱肛とは、痔(内痔核)が肛門の外に脱出してしまうこと、
また 肛門や直腸の下部に粘膜が肛門外に脱出する病気です。

産後の痔とは?

「いぼ痔:肛門の周りにいぼ状の腫れが出来るもの」

いぼ痔にも種類があり、
肛門の外側は外痔核、直腸の内側は内痔核。

外痔核も内痔核も排便時に出血しますが、
痛さは外痔核が圧倒的です。

出産時に痛い思いをしたのに、
まだ痛みは続くのかと、ため息が出るほどの痛さでした。

脱肛と外痔核の違いは?

ここまで読むと、脱肛と外痔核って同じじゃんと思いますよね。

実は脱肛とは、症状を表すもので、
病名ではありません。

痔核が肥大したり、
痔核の周辺の組織が弱くなり、肛門の外に出ることを脱肛といいます。

無題

痔核が大きくなったり、痔核を支える組織が弱くなって、痔核が肛門の外に出てくる状態を「脱肛」と言い、 その程度によって次のように分類されています。

脱肛も痔も放置はいけない理由

産後の1カ月検診で、
先生から「痔になったら早く病院に来てくださいね」
と言われました。

痔になってないのに、なぜ?と思ったのですが、
3カ月ほどで、痔になりました。

言われた通り、
痔とわかった後、数日で受診したところ、
「痔や脱肛は放置すると、手術になる可能性が高い」と言われました。

確かに産後の大変な時期に、
お母さんが入院するわけにもいきませんよね。

何科を受診すべきか

痔というと泌尿器科のイメージですが、
ほとんどの産婦人科では相談に乗ってくれます。

産後の痔に悩むお母さんは非常に多いので、
先生も対応してくれる病院が多いはず!

どんな治療法だったか

塗り薬と飲み薬を処方されただけでした。

しかし、治ったからと言って飲み薬を辞めると、
再発することが多いので、
全部飲み続けてとのこと。

うっかり症状が良くなったと思い、忘れてしまった期間があったのですが、
先生の言う通り再発しました。

受診した際に、
「あんなに大掛かりなお仕事(出産)をしたんだから、おしりだって疲れちゃうよね」と言われました。

産後は本当に体のいろんなところに思いがけぬ症状が出ますよね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ