2歳便秘が3日続いた場合の自宅解消法!熱や1週間続く場合は病院へ

2歳の便秘が3日も続くと心配になりますよね。
ここでは簡単に用意できるものでできる自宅解消法を紹介します。

1週間も続いたり、
熱があった場合は、
病院での受診をおすすめします。

2歳の便秘は難易度が高い

2歳児ともなると、
おしりの穴にオリーブオイルを浸した綿棒を入れるのも一苦労ですし、
お腹のマッサージをしたからといて、
すぐに出るってわけでもないですよね。

ヨーグルトや乳酸菌を含んだ食品で、
スルッと出るのであれば、
便秘ではないよなと考えていました。

ちなみに便秘の原因は、
こう言われています。

・偏食
・トイレトレの反動
・運動不足
・水分不足
・病気

しかし、これに当てはまらない場合でも、
便秘のこどもは、たくさんいる気がしませんか。

出産直後から便秘には悩んできたが2年で解決!

思えば、乳児の時は、
「うんちが3日出ない・・・大丈夫かな」と、
ひたすら検索魔になっていました。

生後半年くらいからは、対処法もわかり、
便秘もへっちゃらと考えていたわけですが。

1歳半あたりから、
便秘が再来!

乳児の時とは、
違う対策で、これも検索魔や本を読んだ知識で、
いろんなことを試してみました。

2歳前後からは、
ほぼ毎日うんちが出るようになり、
ホッとしています。

便秘でもこんな時はすぐに病院へ

熱がある

便秘のせいかはわからないけれど、
熱があるときは、病院へ行きましょう。

その時に何日便秘なのか伝え、
相談してみてくださいね。

便秘が1週間続く

便秘が1週間続くことは、
大人でもかなり辛いこと。

子どもの場合は5日くらい続いたら、
受診することをおすすめします。

お腹が苦しい時や、
いつもと違う!と思ったら、
病院へ行きましょう。

先生へ伝える際に大事なこと

普段出るうんちは、
どんな状態か、それも伝えてみてください。

硬いうんちなのか、
それとも便秘が続くけど、スルッと出るうんちだとか。

うんちは健康のバロメーター、
普段からうんちのチェックも大事なことです。

便秘解消法あれこれ

便秘解消法は、たくさん試しましたが、
その中でも効果のあったものを、
5つ星のレベルで紹介していきます。

イチジク浣腸(★★★★★)

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

便秘と言えば浣腸は鉄板ですよね。

入れたあと、スルッとでます。

扱い方も簡単ですが、
ほぼこどもは嫌がります。

また効果てき面なのですが、
根本的な解決にはならないと思い、
<緊急>的な用途で使っていました。

ちなみに浣腸の成分は、
グリセリンです。

3カ月から飲めるビオフェルミン(★★☆☆☆)

乳酸菌のお薬で有名なビオフェルミン。
大腸の整腸効果があるそうです。

聞いたかなという時もあれば、
効果がないと実感するときがありました。

ちなみにビオフェルミンは、
即効性がありません。

3日くらい後に効果があるようで、
常用的に飲まなきゃいけないってことで、星は2つ。




便秘に良いとされる食品(★☆☆☆☆)

乳酸菌を含んだヨーグルトやヤクルト、
整腸作用のあるりんご、
便を柔らかくする作用のある柑橘類。

これを食べたからといって、
出るわけではありませんでした。

ただし、便秘が解消されてからは、
習慣的に食べるようにして、
便秘予防として効果があるような気がするので、星1つ。

解消法としては、
効果は薄いといった印象です。

うんちの時間をチェック(★★★★★)

うんちの時間をチェックしたところ、
夕飯後の牛乳を飲んだ後に、
することが多かったです。

なかなか難しいのですが、
決まった時間にご飯→食後に牛乳

排便の儀式ではありませんが、
この流れを繰り返すことで、
長い間の便秘が徐々に解消されました。

3日以上続いたら、浣腸!

これはこどもの健康のためにも、
マストにしていましたよ。

便秘解消で大事なこと

あるとき、かかりつけ医の小児科の先生に、

「便秘は食生活云々もあるけれど、
 まだこどもは排便をするときに、
 押し出す力が弱いから、たくさんうんちをすることが大事」

これを聞いて、
あれを飲めば、これを食べれば便秘解消と考えるのはやめました。

できるだけ、こどもに決まった時間にご飯を食べさせ、
うんちのペースを作ってもらい、
とりあえず回数を増やす!と決めました。

そして「3日間でない時は浣腸」と決めていたのですが、
浣腸をするペースも、
少しずつ減っていき、今はほぼゼロです。

便秘というと、食生活が悪いと思われがちですが、
まだまだこどもも、うんちを出す練習中って思えば、
少し気が楽になる気がしませんか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ